平成3146

当院、飯田理事長が主催する

~大阪南部RA連携会~

「最新のRA治療を考える」が開催されました。

座長は当院の脇谷院長が務めました。

(講演1)

医療法人高遼会 高遼会病院

理事長 飯田 高広 先生

「当院におけるRA治療と今後の取り組みに関して」

(講演2)

大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科学

病院講師 岡野 匡志 先生

「リウマチ診療における関節エコーの位置づけと

連携の重要性について」

テーマに講演されました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当院では薬による治療だけではなく、

リハビリ治療も推奨しております。

理学療法士・作業療法士が医師と

連携してリハビリを行います。

筋力強化を行ったり、関節への負担を

最小限にするための動作を練習することにより

「日常生活の動作」がしやすくなります。

また、関節への負担を最小限にする動作を

覚えることで、関節を保護したり、

関節にかかる負担を和らげたりすることができます。

リウマチのリハビリは効果があると

医学的には証明されているにもかかわらず

リウマチ患者さまのリハビリを行っている病院は

現在全国的にもほとんどなく少しでも

リウマチ患者さまの障害を緩和するために

当院では積極的に行っています。

下記、リウマチ患者におけるリハビリ認知度のアンケート

当院でリハビリを受けられた患者様からは

・酷かった関節の痛みが和らいだ!

・歩ける様になった!

・家事ができるようになった

・日常生活が楽になった

と、嬉しい声を頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当院は20194月よりリウマチ専門医の

診察を開始しております。

<診察日>

~火曜日 ~

(午前診察)

大阪市立大学大学院 整形外科 

准教授

乾 健太郎 先生

<専門分野>

リウマチ、足の外科

(午後診察)

大阪市立大学大学院 整形外科 

病院講師

岡野 匡志 先生

<専門分野>

リウマチ、足の外科

岡野先生はイタリアに渡り、リウマチにおける

関節エコー*(超音波)を学んでおります。

*エコー検査は早期に診断すること、

炎症の程度を知ること、治療薬剤の有効性を評価します。

エコー検査の進歩によってX線(レントゲン)写真では

わかりにくい小さな骨の変化や炎症の程度がわかます。

当院では最先端のリウマチ専用エコーを導入しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

辛い日々に1人で悩まず、お気軽にご相談ください。

高遼会病院  院長